スポンサード リンク

« 「AirRecord」AIR向けのO/Rマッピングライブラリを作りました | メイン | Web開発者のためのFirefoxアドオンまとめ »

花粉症による鼻づまりを家にあるもので解消する方法(自作ブリーズライト)

花粉症による鼻づまりを家にあるもので解消する方法(自作ブリーズライト)

みなさんは、花粉症に悩まされていないだろうか?

筆者は、ここ数年花粉症になってしまい、この季節になると目や鼻がかゆくなり嫌な思いをしている。

特に今年の花粉症はいつもよりもひどいようだ。

花粉症になると夜もゆっくり眠れず、日中も鼻がつまって仕事の生産性が下がってしまう。

花粉症対策グッズもいろいろと市販されているが、高くて手が出せない人や、いざ困った時に家に無いというケースがある。

そこで、筆者が最近実践している家にあるもので鼻づまりを簡単に解消する方法を紹介しよう。

1.鼻づまり解消は鼻を暖めることから始める

鼻が乾燥していると鼻づまりがひどくなってしまう。

そこで、まず始めに鼻を暖めることからやろう。

(1)洗面器にお湯を入れ、タオルを濡らす。

(2)水滴がこぼれない程度にタオルを絞り、目と鼻の上にかぶせよう。

(3)椅子に座って5分間程度かぶせていると鼻のとおりが少しよくなるはずだ。

2.大量の鼻水をおさえる

鼻水が大量に出てくる場合は、いくら鼻をかんでも止まらない。

ピットストッパーという鼻水を止めるグッズがあるのだが、14個入りで2,300円もするので高価だ。

そこでティッシュ1枚で鼻水ストッパーを自作する。

名づけて「ティッシュストッパー」

(1)ティッシュの長辺を横にして持つ

(2)縦に1回折る

(3)横に1回折る

(4)縦に2回折る

(5)左右の端を内側に少し折る

(6)縦に半分折る

(7)真ん中に丸みをつける

(8)先端を少し水で濡らしてから鼻に装着しよう

「ティッシュストッパー」は、鼻水が抑止されるのと同時に乾燥を防ぐ効果もある。

形状的にしっかりホールドされているので激しい運動でも落ちることはない。

ただし、人目を気にする人はピットストッパーを購入する方がよいだろう。


鼻水吸収!鼻に差し込む見えないマスク!『ピットストッパー2(14個入り) 』

3.鼻のとおりをよくする

鼻がつまってくると鼻で呼吸ができなくなり、口呼吸をしてしまう。

口呼吸をしてしまうと細菌やウイルスにも感染しやすくなり危険だ。

そういう時には、ブリーズライトという鼻のとおりをよくするグッズを使う人も多い。

ブリーズライトを鼻の上に張ると、プラスチックバーの反発力で鼻腔を広げて鼻のとおりをよくすることができる。

しかし、このブリーズラライトも30枚入りで1,800円かかってしまう。

そこでブリーズライトを家にある綿棒とバンソウコ(絆創膏)を使って自作してみよう。

名づけて「メンボーズライト」

(1)綿棒とバンソウコを用意する

(2)綿棒の両端をハサミでカットして長さは4.5cmぐらいの棒にする

(3)バンソウコの粘着部分に先程カットした棒をのせる

(4)棒の真ん中を少し折り曲げる

(5)鼻の上に貼る

なんと、見た目はブリーズライトそのもののようだ。

バンソウコで鼻に密着された綿棒の適度な弾力で鼻腔を広げてくれるぞ!

綿棒は適度に弾力があって、肌を傷つけることもないので安全だ。

弾力が少し足りない場合は、2本使うとよいだろう。

バンソウコは少し粘着力が高いものを選ぼう。

バンソウコの代わりにセロハンテープを代用することもできるが、肌が多少荒れてしまうので注意しよう。

筆者は、セロテープバージョンを妻に見られて「今度はモノマネか?(清水アキラ)」と言われてしまった(苦笑

嫌な花粉症も工夫次第で解消することもできる。是非、花粉症に悩まれている方は試してみてほしい。

効果のほどは人それぞれだと思うので、うまくいかない場合は本物のブリーズライトを買うほうがよいだろう。


鼻孔拡張テープ ブリーズライト 【レギュラーサイズ 肌色タイプ】 (30枚入り)

職場などで空気が乾燥して鼻がムズムズする人は、首からぶら下げて携帯できる空気洗浄機というのもあるぞ!

【花粉・ほこり対策に!】首からぶら下げる携帯用空気清浄機!★エアサプライ★

花粉症になんか負けるな!!



スポンサード リンク

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking