スポンサード リンク

« GTDに最適なツール | メイン | GTD+R体験(オブラブ2007夏)講演資料 »

「にこにこサイン会」で楽しく自己紹介(アイスブレイク)

先日、オブジェクト倶楽部2007夏イベントのGTD+Rセッションで行った
「にこにこサイン会」についてご紹介したいと思います。

皆さん自分のサインって持っていますか?
「有名人じゃないので、サインなんて書いたことがない!」
といった方が多いのではないでしょうか。

でも、道端で「サインくださーい」って言われたらどうします?
そこで、ササッとサインを書いてあげたらカッコいいですよね。
ちなみに私は書けますのでいつでも声かけてください(^o^)/

img664.jpg

サインといっても、いろいろな書き方があります。
代表的なパターンをご紹介しましょう。

(1)普通に名前を書く(丸字や角字などで)
img670.jpg

(2)縦に線を1本書いて、その上に名前を書く
img671.jpg
※「憲治」と書いています

(3)筆記体で書く
img672.jpg
※「Kenji」と書いています

(4)イニシャルを顔に似せて書く
img673.jpg
※「OOTA」と書いています

(5)ひらがなで文字の位置を崩して書く
img674.jpg
※「けんじ」と書いています

実は、私は小学生時代にサインを練習したことがありました。(漫画家志望だったので)
皆さんもそんな経験ありませんか?

いつか、自分のサイン会を開きたいと考えていたのですが、
じゃー好き勝手にサイン会を開けばいいのでは?と思いました。
サイン会は、サインを書く方は「楽しい!」サインをもらう方は「うれしい!」という効果があります。

そこで考え付いたのが「にこにこサイン会」です。
自分のサインを考えて、出来上がったサインを交換しあう自己紹介型のアイスブレイクです。

先日のイベントではサインの練習と交換にロディアを使いましたが、別に用紙は何でもかまいません。
A4用紙を2枚づつ配って、1枚目は練習用、2枚目は交換用に使えば良いでしょう。
筆記具はできるだけ濃い水性マーカーや万年筆などを使うのがベストです。
だいたい10分程度で行います。サインの交換をする相手は10名ぐらいいれば楽しいと思います。

<進行の方法>

(1) まずサインの練習を3分程度各自で行ってもらいます。
「にこにこサイン会」というぐらいですから、サインに「にこにこマーク」を付けてもらいます。
この時に何個かのサンプルを見せてあげると良いでしょう。
にこにこマークは、丸い部分を見つけて目や鼻を書く方法と、線の部分を見つけてそこにキャラクターを書く方法などいろいろあります。
自分オリジナルのサインを考えてみてください。
img677.jpg

(2) 次にサインの交換をします。
自分の持っている紙を相手に渡して、「サインおねがいしまーす!」と元気良く声かけてみてください。
お願いされたほうは笑顔でサインを書いてあげてください。
サインには日付を書いてあげると良いでしょう。
そして、最後にXXです。とお互い挨拶して握手しましょう。
芸能人顔負けのサイン会が開けますよ!
img679.jpg

もらったサインは、イベント後も大切に持って帰ってください。
きっと記念になるでしょう。

名刺交換では、なかなか名前と顔が一致しない。思い出せない状況に陥ってしまいます。
「にこにこサイン会」でサインの交換をすると、サインを見るだけで相手の顔が思い出せるのが不思議です。

「にこにこサイン会」は、新入社員が配属されたときや、新しいプロジェクトが始まるとき、送別会などにも最適です。
楽しく自己紹介するアイスブレイクとしてご活用ください。


<サインを書くときに参考になるページ>

@nifty:デイリーポータルZ:サインをねだられると、人はどんなサインを書くのか

ZEBRA :: オリジナルサイン

署名ドットコム - 手書き署名、手書きサインの創作サンプル集

オリジナルサイン・サイン作成・製作・署名作成・署名デザイン工房のIDEO(イデェオ)

名前の書き方手本、書の手書き署名作成見本解説、実用書道自筆サイン創作



スポンサード リンク

コメント (1)

daichi:

おっちゃん会社いた時もサイン作ってたじゃないですか?
そっちも、過去履歴として載せて欲しいところです。
進化の程が伺えます。
今の方が、かなり良いですね!
(前のは、OHTAじゃなくOPAで作成していたので×かもですが・・・。)

コメントを投稿

本サイトについて

スポンサード リンク

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking