スポンサード リンク

« オフィスを上手にレイアウトする5つの手順 | メイン | アジャイル開発に最適なホワイトボード light-board.com »

予定表を最も小さく持ち運ぶ方法

みなさんは、予定表をどこに入れていますか?
ほとんどの人は手帳の中に予定表が入っていますよね。

でも、手帳を常に携帯するとなると、なかなか難しいですね。
カバンの中にいれていたり、上着のポケットに入れている場合、カバンや上着を席においたままで廊下を歩いている時に、予定を聞かれるケースってありませんか?
そういう時に限って、手帳が手元に無い。そんな経験があると思います。

では、如何に予定表を携帯するか?
私はいつも胸ポケットにRODHIAと一緒に持ち運んでいます。
RODHIAカバーに予定表を挟んでいるのです。

挟んでいる予定表は、市販のミニシステム手帳の5穴タイプの1週間2ページタイプです。

これを1ヶ月毎にホッチキスで止めておきます。
そして、常に今月分と来月分の予定表を持つようにしています。

これでコンパクトに予定表を持ち運ぶことができています。
でも、2ヵ月後以降の予定はどうするの?
もちろん、カバンには残りの予定表をいれていますので、とりあえずはRODHIAにメモするようにします。

RHODIA+予定表を持ち運ぶ組合せはこれが今のところベストだと思います。


個人的にはモレスキンの予定表も好きなのですが、少し大きいのでやっぱりRODHIAサイズが一番かなと思っています。
ITmedia Biz.ID:MOLESKINEから“18カ月”の手帳が登場



スポンサード リンク

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking