スポンサード リンク

« 最上級のペーパークラフトが登場!ヤマハのバイクが自分の手で作れる | メイン | GTD + R 【ゲームの準備】 »

GTD + R (Getting Things Done + RHODIA)

今回は、「これからGTDをやってみよう」という人や「GTDをやってみたけど、うまくいかない」といった人のために、簡単に始められて続けることができるGTDをご紹介したいと思います。

私は、エンジニアとしてソフトウェアの開発を仕事としています。
その仕事でいつも必要になってくるのが、タスクの洗い出しです。自分がやらなければいけない作業をタスクとして落とし込み、そのタスクが完了したかでプロジェクトの進捗を測ります。
このタスクの洗い出しこそが、計画でありプロジェクトを成功させる重要な要素となります。

GTDでは、やるべき仕事(タスク)を漏れなく効率よく実行していくプロセスが示されています。
「収集」 → 「処理」 → 「整理」 → 「レビュー」 → 「実行」
これらのワークフローを明確にすることで、誰にでも実践できるようになっています。
そして、道具は紙と鉛筆さえあればできるのです。
これは、まさにLifeHacksという言葉にふさわしい手法だと思いました。

しかし、実際にやってみると、なかなか難しいことに気付きました。
収集のプロセスでタスクを紙に書き出す所までは全く問題ありません。しかし、そこからの処理・整理のプロセスで、タスクを別の紙に書き写さなければいけません。これは非常に面倒です。同じことを2回も書く行為が逆にストレスになってしまいます。
そして、タスクとスケジュールとの連動が難しいということもあります。タスクを実行する日が先の場合は、スケジューラーとして手帳やPCなどに登録する方法がありますが、これも手間です。せっかくのタスクがスムーズに連携できないのです。

最近では、GTDをデジタルに処理する方法がいろいろとあります。
TODOをWeb上で管理して携帯電話などでいつでも、どこでもタスク管理することができるという方法や、Gmailを使ってタスクをメールとして管理する方法もあります。
同じように、以前、私もPDAでTODOやスケジュールをデジタルで管理していました。しかし、続きませんでした。何故かというと、書き込むことにストレスを感じるからです。20文字ぐらいを入力するのにPDAの電源を入れて、ツールを起動して、文字を入力して保存する。これだけのアクションを起こさないといけないことが続かなかった原因だと思います。

そこで、私は「誰でも簡単に始められて、続けることができるGTD」を考えることにしました。


やりたいことをタスクとして洗い出すことは重要です。
では、このタスクを書き留めておく場所として何がふさわしいのか?を考えてみました。
まず、条件としては次のものが上げられます。

  • いつでも書き込めること
  • どこでも書き込めること
  • すばやく書き込めること
  • タスクを移動させることができること
  • タスクの並び替えができること
  • タスクがどれだけ溜まっているか見えること
  • お金があまりかからないこと

これらの条件をクリアできるたった1つのアイテムが思いつきました。
RHODIA(ロディア)のブロックメモです。
メモとしてロディアにタスクを書き出すことで、携帯性も抜群ですし、タスク(メモ用紙)の移動や並び替えも簡単に行えます。

そして、GTDとRHODIAを使ったタスク管理をミックスすることで、新しい手法を考えました。
それが、「GTD + R」 (GTDプラスR) です。

「GTD+R」の考え方はシンプルです。
私は、例え(メタファ)として「仕事を成し遂げるためのカードゲーム」と呼んでいます。
誰もがタスク(仕事)を早く終わらせたいと思っているはずです。
終わらせるためには攻略しなければいけません。タスクを無くすためのゲームと考えるのです。

ゲームであれば、毎日やりたいと思う人も多いのではないでしょうか?
カードゲームというぐらいなので、フィールド(場)を準備します。そのフィールド上でタスクを処理・整理して片付けていくのです。
タスクを入れる為のポケットも用意します。このポケットを持ち歩くことで、どんな場所でもタスクをクリアさせることができます。

GTD+Rを実践している所

下記のリンクから、「GTD + R」をどのようにして進めていくかをご説明していきます。


「GTD + R」を実践している動画も公開しました!
GTDを楽しく続けるための手法「GTD + R」 実践の様子

「GTD + R」のワークフローをまとめてみました。
今まで理解しにくかった部分についても補足しています。
GTD + R ワークフロー


「GTD + R」のプラグイン
「かんばんプラグイン」で今日やる仕事の”見える化”


スタートアップガイドのPDFをダウンロードしてお読み頂くと、GTD + Rの全貌が全て分かります。 一緒にフィールドとポケットもダウンロードしておいて下さい。
GTD + Rのスタートアップガイドをこちらからダウンロードできます。ダウンロードは、無料です! GTD + R スタートアップガイドのダウンロード
GTD + Rのフィールドをこちらからダウンロードできます。ダウンロードは、無料です! GTD + R フィールドのダウンロード
GTD + Rのポケットをこちらからダウンロードできます。ダウンロードは、無料です! GTD + R ポケットのダウンロード
GTD + R ワークフローのPDFをこちらからダウンロードできます。
GTD + R ワークフローのダウンロード


スポンサード リンク

トラックバック

この一覧は、次のエントリーを参照しています: GTD + R (Getting Things Done + RHODIA):

» システム手帳でGTD(5):信頼できるシステムに記録する1 送信元 Developer's diary
役割に応じた記録場所を使いましょう。 STEP3は「信頼できるシステムに記録する... [詳しくはこちら]

» GTD+Rっていい! 送信元 家族にナイショの道楽買物日記
GTD+Rってサイトを見つけスタートアップガイドpdf他すべてプリントして準備完了。ロディア#11ならぬ「無印良品」メモと専用カバー(ディスカウントで20... [詳しくはこちら]

» RODHIA を使って GTD 「GTD + R」 送信元 株式会社RYUS スタッフblog
GTD は、「やるべきこと」「やりたいこと」を全て書き出して、すっきりした気持ちで取りかかれるようにする技術です。 実施するために特別な道具は不要で、... [詳しくはこちら]

» モレスキン・メモポケッツで簡易GTD+R 送信元 シリアル・ポップ2
Moleskine Pocket Memo-Pockets作者: Moleskine出版社/メーカー: Commodore Press Pty Lt... [詳しくはこちら]

» RHODIAカバー 送信元 ブログかも。
最近、先輩のopakenさんが開発したタスク処理の手法であるGTD+Rをするようになり、RHODIAを定常的に使うようになりました。 (GTD+Rの資料... [詳しくはこちら]

» [GTD]GTD+RでのRHODIA代替案 送信元 シリアル・ポップな日々
GTD + R (Getting Things Done + RHODIA) (eXtreme Gadget (エクストリーム ガジェット) ポケットに... [詳しくはこちら]

» おしゃれでリーゾナブルな高級ボールペンにハマる(モンブラン、カランダッシュからロディアメモカバー、文房具専門店まで) 送信元 てんデジ探検隊
「おしゃれで便利な高級マルチペン」の時以来、久しぶりに文房具にハマってしまいま [詳しくはこちら]

» GTD+R SCORE BOARD PLUG-INというのを作ってみた 送信元 koeだめ
普段、GTD+Rを使って、日々のお仕事や生活でやるべきタスクを取りまとめています。 日々それを使っていく中で、自分の後回し癖と計画性が弱い点により、どん... [詳しくはこちら]

» 【mindmap.jp#070731】オブラブ&Web標準の日々 送信元 mindmap.jp: [マインドマップの描き方、応用例、ツール、考え方、セミナーについて]
■■◆ 【60秒で脳を30%活性化!マインドマップ活用術 #070731】 ■■... [詳しくはこちら]

コメント (2)

トラックバックがうまく行えないため、コメントとして記載させて頂きます。こちらの記事内容を当ブログにて紹介させて頂きました。

:):

RHODIAのコストパフォーマンスに悩みますね。
ヒップスターPDAとの相性が良いかもしれないですね。

コメントを投稿

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking