スポンサード リンク

« 関西ライフハック研究会 Vol.3レポート | メイン | 「ブレインライティングの実践」関西ライフハック研究会Vol.4緊急企画 »

管理ツール作るなら軽量MVCフレームワークがいい

ぼくのお勧めのMVCフレームワークは「ちいたん」です。
「ちいたん」は、CakePHPを意識して開発された最軽量のPHPフレームワークです。
PHPフレームワーク ちいたん

ちょっとしたものを作るにもフレームワークが複雑だと環境を作ったり設定をいろいろとしないいけないので大変です。
本格的なシステムじゃなくて管理ツールレベルだと、軽量フレームワークがいいですよね。

軽量フレームワークのメリットを簡単にまとめてみました。

スキルアップ
ソース解読が簡単なので、アーキテクチャー(MVC)の勉強になる。
新しい言語を勉強したい場合に、「ちいたん」をその言語に移植すれば、言語の特徴などがつかめる。

拡張性
必要ならフレームワークを拡張すればよい。
必要ないものは実装しないのが原則。

コミュニケーション
単純なので他の人に説明しやすい。これ重要!
ソースコードを引継ぎするときに、複雑だと理解できない。結果、保守できなくなる。

リリース
ファイル数が少ないので構築が簡単。リリース速度が早い。

ということで、軽量フレームワークはアジャイル開発の精神にもつながるんじゃないかなと思います。

まえおきが長くなってしまいましたが、ぼくも「ちいたん」に刺激を受けて
ぴいたん」というMVCフレームワークをつくりました。
ASPフレームワーク ぴいたん

peetan_top.jpg

今は亡きレガシーASP向けのフレームワークです。(爆

とはいっても、レガシーASPで開発している人もいるかもしれないと思い、オープンソースで公開しています。
SourceForge.jp: Project Info - ぴいたん
「ちいたん」を移植しているので、CakePHPライクでRailsっぽい開発をレガシーASPでもできると思います。(雰囲気だけでも)

フィードバックおまちしておりまーす。



スポンサード リンク

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking