スポンサード リンク

« 「MashPad」素早く読みやすいメモが残せるオンラインメモ帳を公開しました | メイン | DIYNOTE 2010年版のリフィルを公開しました »

Mashup Awards 5で「MashPad」が部門賞に選ばれました(MA5レポート)

Mashup Awards 5の授賞式に参加してきました。

ma5_mashpad3.jpg

今回は、346作品もの作品が応募されていて、過去最高の作品数でした。

MAは、年々応募作品が増えてきているので、入賞するのがだんだん難しくなってきています。

ma5_mashpad1.jpg

僕が作った「MashPad」は、部門賞「エンジニアライフ応援アプリ賞(Tech総研賞) 」に選ばれました!! 応援してくれた皆様ありがとうございました。

ma5_mashpad2.jpg

3年連続優秀賞をねらっていたので、少し残念だったのですが、それでも部門賞をいただけたのでよかったです。

応募の時に間に合わなかったのですが、MashPadのiPhone対応版が完成したのでリリースしておきます。

MA5の授賞式に参加して感じたことをまとめておきます。

MA5で優秀賞に選ばれた作品の傾向としては、マッシュアップやAPIを利用していることを前面に押し出さずにさりげなく作品の中で使われていて、その作品のコンセプトがしっかりとしているものが選ばれていると感じました。

過去の作品は、Googleマップをメインにした地図上に様々なコンテンツを表示する実用系アプリが多かったのですが、今回の優秀作品を見ても分かるように、エンタメ系でゲーム要素があって、楽しめる(ハマる)ものという流れにあるようです。

さらに、twitterのAPIやmixiアプリの作品も多かったことから、ソーシャルの要素を組み合わせて人と人がつながるアプリケーションが人気を集めています。

MAは、こういった時代の流れもつかみつつ、アイデアと技術力が必要になってきていることは確かです。ハードルは高くなってきているのですが、難しいからこそ、エンジニアとしての自分の力を試す絶好の場なんだと思います。

僕は、1年に1回開催されるMAの舞台は、エンジニアにとって「甲子園」のような存在だと思っています。

この甲子園に出るという目標があるからこそ、日々の仕事の中でも、新しい技術を試したり、市場の動向をウォッチしたりできるのだと思います。そして、同じ目標に向かって作品を作っている人と出会えるのもすごいことだと思います。

このような場を提供してくれているMashup Awardsの運営事務局に感謝しています。

「夢を与えてくれてありがとう!」



スポンサード リンク

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking