スポンサード リンク

« Chromeのメモリ消費を抑えて快適にする方法「Chromeダイエット術」 | メイン | Dropboxに書き溜めたメモを活用!編集したメモをリアルタイムでWebに公開する方法 »

「Invisible.js」JavaScript製ドキュメントフレームワークを作りました(Markdown、Textile、Wiki記法対応)

僕は、ドキュメントの多くをMarkdown記法のテキストファイルで書いています。

Markdownは、ここで紹介されているように、簡単な文法を覚えるだけでパーサー(変換機)を通すと読みやすいHTMLに変換できる言語です。文法も直感的で比較的覚えやすいので好んで利用するようにしています。

他にもTextileやWikiなど様々な記法があり、好みも分かれますが、どちらにしても後で整形できる書式でドキュメントを書いておけばよいので、軽いテキストファイルでドキュメントを残している人は多いと思います。

しかし、ドキュメントをまとめて見る場合、手動でパーサーを通したりサーバーにアップしてサーバーサイドで変換するのは面倒です。

そこで、テキストベースのMarkdown・Textile・Wiki記法で書かれたドキュメントが簡単に見るためのドキュメントフレームワーク「Invisible.js」を作りました。

フレームワークでは、できるだけ環境依存しないようにJavaScriptだけで動くようにし、ブラウザでドキュメントをまとめて見れるようにしています。

オープンソース(MIT License)として公開しているので、ご自由にお使いいただけます。

Markdown・Textile・Wiki記法をサポートしたJavaScript製ドキュメントフレームワーク「Invisible.js」を公開に使い方などをまとめています。

ご活用いただけれるとうれしいです。



スポンサード リンク

本サイトについて

スポンサード リンク

最近のコメント

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking