eXtreme Gadget トップ > 2008年06月
スポンサード リンク

« 2008年05月 | メイン | 2008年07月 »

2008年06月 アーカイブ

2008年06月03日

ライフハック・プラクティス「メモはためない」

186_practice.jpg ライフハック・プラクティス:「メモはためない」
を公開しました。

机の上にメモを書いた付箋を大量に貼っている人がいますよね。
ぱっと見た感じは、仕事がいっぱいあって忙しい人だなと思うのですが、実はそのメモは同じものが張ったままということがよくあります。

メモすることは大事なのですが、メモしただけではダメです。
次のアクションにつなげてこそメモが活きるのです。

この続きは、エンジニアマインドWeb連載記事をご覧ください。

これまでのプラクティスは、こちらからもリンクしておきます。

みなさんの仕事がもっと楽しくなりますように!

Opaken the LifeHacker



スポンサード リンク

2008年06月09日

ライフハック・プラクティス「イメージを描く」

186_practice.jpg ライフハック・プラクティス:「イメージを描く」
を公開しました。

多くのエンジニアは、絵を描くのを嫌います。
自分は苦手だからと言って、避けているだけだと思います

綺麗な絵を描くのは難しいと思います。もちろん才能も必要でしょう。
でも、伝えるための絵を描くぐらいは、誰にだってできると思います。
ちょっと目線を変えて絵を描くクセをつけるだけです。

この続きは、エンジニアマインドWeb連載記事をご覧ください。

これまでのプラクティスは、こちらからもリンクしておきます。

みなさんの仕事がもっと楽しくなりますように!

Opaken the LifeHacker



2008年06月11日

アジャイルスピリッツ

先日のET-WEST2008(組込み総合技術展 関西)にてXPJUG関西コミュニティパネルセッションのパネラーとしてお話してきました。

「組込みアジャイル開発の現場 ~事例から見える効果と課題~」というお題だったのですが、僕自身が組込み業界の人ではないので事例を紹介することはできなかったのですが、アジャイル開発者として僕が普段から心がけていることや考え方、こうすればうまくいくといったコツを「アジャイルスピリッツ」という形で紹介しました。

最初、会場の方に質問をしたのですが、「開発が大好きだー」という方の手があまりあがらなかったのが残念でした。

僕は開発が大好きです。プログラムも大好きです。モノづくりが大好きです。 だから、この業界に入ったんです。

そんなハート(気持ち)を忘れたくないなと思って質問しました。

今回は、パネルディスカッションの場だったので時間は短かったのですが、それでも会場の人にエッセンスだけでも伝わったんじゃないかなと思います。

発表した内容をまとめておきます。

■アジャイル開発に対してよくある質問

僕なりに回答をまとめててみました。

Q:アジャイルって最初からきっちり計画やドキュメントを作らないんでしょ?
A:無計画ではありません。変化を取り入れて計画を柔軟に変更していくのがアジャイルです。

Q:アジャイルって優秀な人を集めないと、できないでしょ?
A:プロフェッショナルじゃなくてもいいんです。プロフェッショナルになりたいと思っている人を集めましょう。

Q:なんでアジャイル開発する必要あるの?
A:現状のやりかたでうまくいってるのであれば、無理にアジャイル開発する必要ありません。

Q:パネラーの人ってアジャイル開発者でしょ。あの人に頼めば何でもうまくいくんじゃないの?
A:そんなことは絶対にありません!いつも苦労してますよ(汗

■アジャイルな開発サイクル

僕がやっている開発のサイクルを紹介しました。

agile_cycle.jpg

リリース毎、イテレーション毎、日々のフィードバックが変化を吸収してくれます。

■アジャイル開発者の習慣から学ぶ

agile_drama.jpg アジャイルプラクティスの本を紹介したのですが、会場の方でこの本を読んだ人が2・3人しかいなかったので強くアピールしておきました。(笑

そして、このプラクティスの悪魔の囁きと天使の助言を使って、寸劇を会場の人を巻き込んでやっちゃいました。
(イメージは、桜塚やっくんスタイルだったのですが、やはりアドリブは難しいですね(^^;)

■Webサービス開発のノウハウを組み込みに活かす

より小さく、より速くソフトウェアを構築する方法として、Getting Realの考え方を紹介しました。

僕は、このアプローチはまさにアジャイルだと思っています。

  • 機能を上げようとするのではなく、無駄を省きましょう。
  • あなたが本気になるツールを作りましょう。
  • アプリケーション構築はイヤイヤ行ってはいいものはできません。楽しみながらやりましょう。
  • 達成の喜びを随所で感じられる様にしましょう。

■まとめ

アジャイル開発は現場によってできない時もあります。
しかし、アジャイルスピリッツを持って開発することはできるのです。

少しでもフィードバックサイクルを作るようにしましょう。
そして、チームの仲間と情熱を絶やさずに開発しましょう

アジャイル開発の本質は、そこにあると思います。

■スライド

こちらでスライドを見ることができます。
(操作方法:カーソル右で次のスライドに移動します。カーソル上で目次)

agile_sprits_slide.jpg

4274066940

May the Agile be with you!



2008年06月14日

デビッドアレンさん来日記念イベントに参加してきました

david_allen1.jpg 百式の田口さんが企画された「GTD創設者デビッド・アレンさん来日記念イベント」に参加してきました。

会場には、デビッドに会いたい40名もの人が集まり、デビッドに質問しながら考え方や体験談を直接聞くことができました。

デビッドもジョークを交えながら話をしてくれていたので楽しみながら聞けました。 といっても英語なので、ニュアンスがあまり分からなかったのですが、田口さんがその辺をカバーして通訳してくれていたのがすごかったです。

シゴタノの大橋さんや、Lifehacking.jpの堀さん、works4Lifeのnomicoさんもこられていて、GTDやライフハック界隈で有名な方にお会いできたのも収穫でした。

イベントで僕が感じたデビッドからのメッセージをまとめておきます。
(イベントではQA形式だったのですが、たぶん言いたかったことはこんな感じだと思います。)


david_allen2.jpg

■GTDとは?

「目の前の事に集中できる状態を作る手法」

■GTDの本質は何か?

頭の中を空っぽにして、リラックスした状態を作り出す。

そうすることで、今やるべきことに集中できるようになる。

■GTDで仕事を生産的になるのか?

GTDが仕事を進めてくれるわけではない。

仕事は、自分でうまくこなしていくしかない。

そのための集中して仕事ができる"リラックスした状態"を作り出すのがGTDだ。

■GTDにおいて一番のポイントは?

毎日歯磨きするような間隔で、週次レビューを自然に行うこと。

自分をコントロールできていないという"嫌な感じ"に気付いた時にもレビューをするべきだ。

我慢できる限界がレビューをするタイミング

■デビッドは、どのようなツールを使っているか?

以前は、紙のToDoリストを持ち歩いていた。
最近は、会社の中で使っているLotus NotesをベースにToDoやカレンダー管理している。
データは、PDAとシンクロさせて持ち歩いている。

43Folderやデスクトレイなども使っている。

全体を見渡すためにマインドマップを利用している。(ツールはMindManager)
マインドマップで管理しているデータを全てリンクさせている。

ツールは自分に合ったものを使えばそれでいい。むしろその方がいい。

■デビッドの長期的な目標は?

GTDの良さを世界中の人々に広めていくこと。


僕が、GTD+Rを公開してから約1年半が経ちました。
まさかこんなに早くデビッドに会うことができるとは思っていませんでした。

ロディアにデビッド直筆サインを書いてもらいました。
rhodia_david_sign.jpg
(家宝にします!!)

会場でもロディアを持っている方を何人か見かけられてうれしかったです。

デビッドの話を聞いてあらためてGTDの本質的な部分を再認識できました。

僕はロディアというツールを使って、頭の中のものを全て書き出し続けることに成功しました。
全てというところが重要です。一部ではモヤモヤ感が残ったままになり、GTD本来の目的である安心した状態を作れないからです。

もちろん、僕も悩むことがまったくないというわけではありません。しかし、ロディアに書き出して処理していけば大丈夫なんだから、気持ちを落ち着けて書き出すことをやろうと考えるようにします。

順調に仕事がまわっている時は問題ないのですが、何か調子が悪いなと思った時には初心に返って頭の中に考えていることを吐き出してみましょう。そうすれば、またリラックスした状態をつくることができます。

ストレスなくリラックスした状態はすごく心地よく感じます。GTDは、居心地のよい場所であり、いつもでそこに戻ることができればGTDをマスターしたと言えるのではないでしょうか。

あらためてGTDがシンプルな考え方であることを痛感した1日でした。

最後に、今回のイベントを企画してくれた百式の田口さん、それと声をかけてくれた大橋さんに感謝しています。
ありがとうございました。

書籍「ストレスフリーの仕事術」にお二人のサインを書いてもらいました。
taguchi_sign.jpg

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
David Allen 田口 元

ストレスフリーの仕事術―仕事と人生をコントロールする52の法則
二見書房 2006-05
売り上げランキング : 4344

おすすめ平均 star
star週時レビューの威力
star本質は 2 つだけ (?!)
star自分の仕事術を生み出すために

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Biz ID協賛ということで、ITmediaの方も取材されており、イベント前のビデオやQ&Aが紹介されています。参加できなかった方はビデオでデビッドの声をチェックしておきましょう。

Biz.ID×GTD!:デビッド・アレンさん来日イベント始まる! 「GTDは我々のような“怠け者”を助ける」 - ITmedia Biz.ID

Biz.ID×GTD!:デビッド・アレン氏が答える、GTD Q&A - ITmedia Biz.ID


追記

他のブロガーの方の記事もリンクしておきます。

GTDとは何か? ~ デビッド・アレンさん来日記念イベントレポート ~ | IDEA*IDEA

[Lifehacking Diary] イベント・インタビュー・セミナー | Lifehacking.jp

David Allenさんのセミナーに行ってきました。 | CREAMU

「Biz.ID×GTD! GTD創設者デビッド・アレンさん来日記念セミナー」で得たもの - koeだめ

GTD:Getting Things Done―Mr.David Allen来日イベント/155353 - 私事歳時記@はてな

GTDのデビッドアレンさん来日記念イベント参加レポート - パソコン環境快適生活

GTD の創始者が明かす実践の秘密 | Lifehacking.jp

デビッドアレン氏のGTDイベントに出席してきました! | 創造マラソン

デビッド・アレン氏の来日記念イベントに出席してきました! | | マインドマッパーの日常 | あすなろBLOG

OTOSHIMA BLOG | GTD創設者デビッド・アレンさん来日記念イベントに行ってきた

デビッド・アレンさん来日記念イベント - かげふみおに

Kazuhiro's Weblog: 『GTD』は自分を知るための技術

モリヨシキのモバイルビジネスブログ2 仕事が出来る人はinterruptionをinterruptionと捉えてない

Sio's Gadget Blog: 金曜日・土曜日は、GTD イベント & マインドマップで盛りだくさんの二日間でした


PS:今回のイベントでは、英語が堪能な人が多かったです。
英語ができないと自己紹介ができないのでつらいと思いました。(^^;

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity
David Allen

Getting Things Done: The Art of Stress-Free Productivity
Penguin USA (P) 2003-01
売り上げランキング : 1086

おすすめ平均 star
starGTDはすごいぞ
starGetting Things Done, 個人的感想
starExcellent Practical Guide to Execution

Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2008年06月17日

ライフハック・プラクティス「約束をする」

186_practice.jpg ライフハック・プラクティス:「約束をする」
を公開しました。

子供の頃は、親と約束するときに「ゆびきりげんまん」をした記憶があります。
イタズラや悪いことをしたら、次はやらないように約束していました。
もちろん守れなかったときには、叱られたり、おやつ抜きなど罰を与えられて、約束は守らないといけないなと思ったものです。

しかし、社会人になると契約社会だからといって、口約束だけだと簡単にやぶる人がいます。
約束とはそんなに簡単にやぶっていいものでしょうか?契約書にサインしないと守れないのでしょうか?

ぼくは、約束は自分のためにすると思っています。
夢へつながる道が約束です・・・

この続きは、エンジニアマインドWeb連載記事をご覧ください。

今回は、エンジニアマインドNo.2になっていますので、新しい特集記事も公開されているので合わせてご覧ください。
「エンジニアマインドNo.2 2008.06号」

これまでのプラクティスは、こちらからもリンクしておきます。

みなさんの仕事がもっと楽しくなりますように!

Opaken the LifeHacker



2008年06月18日

ロディアで作るオシャレなカードスタンド「BROCCOLI RHODIA」

最近、ブロッコリーの形がとっても可愛いカードホルダーを見つけました。
「BROCCOLI/ブロッコリー」という商品で、モコモコとした房の間にカードを挟んでインテリアとしても使えるカードスタンドです。

これがなかなかオシャレで気に入ってるのですが、せっかくなので使い終わったロディアの表紙部分(抜け殻)を集めて同じようなカードスタンドを作ってみました。

その名も「BROCCOLI RHODIA」(ブロッコリーロディア)

かなりの数のロディアの抜け殻が必要ですが、GTD+R実践者であればこのぐらいのロディアを使っているから問題ないでしょう(笑

「BROCCOLI RHODIA」の作り方をご紹介します。

1.ロディアの抜け殻を集めてきます。黒ロディアとオレンジロディアの両方あるとカラフルになります。


30個ほどあるとベストです。(単純計算で全部合わせて5000円以上する抜け殻です)

2.ロディアの表紙部分だけをカッターナイフで切り落とします。


立てるとやりやすいです

カッターの刃を一番上の折れ目に合わせます

切るのが気持ちいい

スマートになりました

並べるとトランプみたいだ

3.切り落とした表紙を半分に折ります。


半分に折っていきます

表紙はしっかりした紙なので少し硬めです

半分に折りました

全部を半分に折ります。

4.パンチで表紙に穴を2つあけます。


穴のあける位置を決めます

5枚づつパンチで穴をあけていきます

5.ロディアを重ねて結束用の針金(ビニタイ)を通します。


黒とオレンジの表紙を重ねていきます。オレンジ2・黒1の順番で並べました。

ビニタイを穴に通します

6.後ろで縛って倒れないように角度をつけて完成


後ろでビニタイを縛ります。

倒れないように角度を調整します

完成!!

ロディアで作ったロディアのメモスタンドです。


カラフルです

ちゃんとロディアを挟めます

インテリアに最適!

このように工夫すると捨てずに有効活用できますね。
「ロディアでもエコしましょう!」


激安!5冊850円(1冊あたり170円)
BLOC RHODIA Blackブロックロディア ブラック No11 【5冊まとめ】


激安!5冊850円(1冊あたり170円)
BLOC RHODIAブロックロディア No11 【5冊まとめ】



2008年06月23日

関西ライフハック研究会 Vol.7「発想を豊かにするアイデア創発の技術」を開催します

「関西ライフハック研究会 Vol.7」イベントを開催いたします

Vol.7のテーマは、「発想を豊かにするアイデア創発の技術」です。

brester.jpg

アイデアが泉のように湧き出る人をスゴイなと感じる時があります。

「僕にもあの人ように創造力があれば・・・」
という言葉を聞きますが、アイデアが出る人には生まれながらの素質があるのでしょうか?

実際には、アイデアを出す人は、創造力を高めるための日ごろの習慣やテクニックを使っているにすぎません。

特に、会社の中では新製品を開発する際に会議などでアイデアをみんなで出し合うシーンがあるでしょう。
しかし、普通に議論を重ねるだけで、なかなかこれだ!と思うアイデアが出ずに困っているのではないでしょうか。

そこで今回は、IT media:BIZ IDで「アイデア創発の素振り」という連載をされている石井力重さんをお招きして、アイデア創造のためのテクニックやノウハウを体験する勉強会を行おうと思います。

勉強会の中では、石井力重さんの会社で作られた、ブレインストーム支援カードゲーム「ブレスター」を作って創造的な議論を行うためのカードゲームを体験してもらおうと思っています。

playimage.jpg

ブレスターは、GTD+Rの思想に近いものがあります。

楽しくない職場や会議では、新しいアイデアはでてきません。
ゲーム感覚で議論を促進することで、参加者の創造力を高めることができます。

是非、みなさんにも創造力を高める方法を体験していただきたいと思っています。

もちろん、今回も恒例のライフハックグッズをお配りますよー!

参加費は、ライフハックグッズ+会場費=2000円となっております。

もちろん懇親会もやりますので、よろしくお願いします。

■お申し込み方法

Googleグループの「関西ライフハック研究会」ページでお申し込みを受け付けいたします。
Googleアカウントを持っていない方はアカウントを取得してから、「関西ライフハック研究会」のGoogleグループに参加してください。

Vol.7 お申し込みページ
で「このディスカッションへ返信」をクリックして、下記のように参加表明をしてください。

-------------------
勉強会:参加します
懇親会:参加します/参加しません
-------------------

※キャンセルする場合も、同様に追記してください。

■開催場所と日程

日時:2008年7月10日(木) 19:00~21:00    (18:45から受付開始)

会場:城北市民学習センター 研修室1 大阪市旭区高殿6丁目14番6号 ※いつもの場所と違うのでご注意ください

gaikann.jpg
syuhen.jpg

参加費:2,000円(税込、当日払い)

定員:限定40名(先着順)

主催:クリエイトシステム 太田

申し込み締め切り:7月7日(月)15:00まで

「関西ライフハック研究会メンバーズカード」をお持ちの方は、忘れずに持ってきてくださいね!
スタンプ押しますので。

■懇親会について

21:00~23:00ぐらい。 懇親会参加費は、3500円~4000円ぐらいを予定しています。

参加費と合わせて受付でお支払いをお願いします。


みなさんのご参加お待ちしております。

Vol.7 お申し込みページ


それと、関西じゃないのでライフハック系の勉強会に参加できないという名古屋在住の方に朗報です。

なんと、Lifehacking.jpの堀さんが名古屋で勉強会を開催されるそうです。(祝

それも「GTD の習慣を身につける」というテーマですので、これからGTDを始めようとしている方や、GTDをやっていて行き詰っている方には必見です。

詳細は、2008.07.12 (Sat) Lifehack@Nagoya イベント開催します! | Lifehacking.jpでご確認ください。



2008年06月30日

ライフハック・プラクティス「楽しさを加える」

186_practice.jpg ライフハック・プラクティス:「楽しさを加える」
を公開しました。

毎日が楽しくない!仕事が面白くない!と感じていませんか?
そのような人はたぶん、負のスパイラルに陥っているのではないでしょうか。

「忙しい」
  ↓
「うまくいかない」
  ↓
「面白くない」
  ↓
「やりたくない(イライラ)」
  ↓
「効率が下がる」
  ↓
「忙しい」

負のスパイラルに入ってしまうと抜け出すのが大変です。
抜け出すためには、仕事に楽しさを加える方法が一番です!

この続きは、
エンジニアマインドWeb連載記事
をご覧ください。

これまでのプラクティスは、こちらからもリンクしておきます。

みなさんの仕事がもっと楽しくなりますように!

Opaken the LifeHacker



本サイトについて

スポンサード リンク

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking