eXtreme Gadget トップ > 2007年06月
スポンサード リンク

« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月 アーカイブ

2007年06月04日

GTDのワークフロー「収集」ステップを見直してみる

gihyo.jpのWeb連載2回目を公開しました。
今回は、「GTDのワークフローを体験(収集編)」と題してGTDのワークフローを見直してみました。

GTDのワークフローのステップで最初に行うのが収集です。
「やるべきこと」「気になっていること」を全て書き出すことが大事です。

先日、行った「関西ライフハック研究会」では、全員で「気になっていること」を書き出すことを行いました。10分間でどれだけ書き出せるか?ということで結果的には40個も書き出した方がいました。
その時にも利用した「収集のためのヒント」を載せていますので、是非ご覧下さい。



スポンサード リンク

2007年06月05日

「オオタ折り」A4用紙をポケットサイズにして持ち歩く方法

オオタ折り 皆さん、A4用紙をどのように持ち歩いていますか?
クリアーファイルやクリップで留めてカバンの中に入れて持ち歩くのが普通ですよね!
でも、カバンを持っていかない時はどうしますか?

私は、普段「RHODIA No.11」を胸ポケットに入れています。
外出時にカバンを持っていかない場合でも、必ずRHODIAは持ち歩くようにしています。
しかし、A4用紙に印刷したものを持っていこうとした時に迷いました。
カバンに入れようか?それとも、丸めて手に持っておこうか?

私の答えは、「やっぱり、RHODIAと一緒に胸ポケットに入れたい!」でした。
そこでA4用紙をコンパクトに折る方法を探しました。
その中で見つけたのが、「ミウラ折り」という折り方です。

ミウラ折りとは、宇宙科学研究所の三浦名誉教授が考案した折り方で、紙を蛇腹(ジャバラ)のようにコンパクトなたたみ方で瞬時に開閉できる画期的な技法です。
人工衛星の伸展機構などにも応用されていて、最近では地図などもミウラ折りで折られたものが販売されています。
ただ、ミウラ折りは特殊な折り方なので、普通には折ることができません。専用の型紙を利用する必要があります。

そこで、この世界に誇るミウラ折りにインスパイアされて、新しい折り方を考案してみましたー!

その名も「オオタ折り」

※一度自分の名前を入れてみたかったんですよね。(^^;

オオタ折りの特徴は下記です。

  • A4用紙をコンパクトに持ち歩けます。
  • ハサミやノリは不要です。
  • 折り目も必要としません。
  • RHODIA No.11のサイズとピッタリになります。
  • 手順は簡単です。

では、実際に「オオタ折り」の折り方をご紹介します。
CIMG1376.JPG

(1)A4用紙を横向きにして半分に折ります
CIMG1377.JPG

(2)一旦開いて、中央の折り目を目印に左右を半分に折りこみます。
この時点で、A4用紙が半分のサイズ(A5)になります。(RHODIA No.16サイズ)
CIMG1378.JPG

(3)折り目にそって半分に折ります。
この時点で、A4用紙が4分の1サイズになります。(RHODIA No.8サイズ)
CIMG1380.JPG

(4)閉じている部分を左側にして、縦に半分に折ります。
この時点で、A4用紙が8分の1サイズ(A7)になります。(RHODIA No.11サイズ)
CIMG1381.JPG

(5)上1~1.5cmほど(人差し指の太さ程度)を手前側に折ります。
これが「オオタ折り」のポイントです。綴じ代を作るのです。
綴じ代といってもホッチキスやノリを使うわけではありません。
CIMG1382.JPG

(6)開いて、綴じ代の部分を引っ掛けます。
CIMG1383.JPG
CIMG1384.JPG
CIMG1386.JPG

(7)これで完成です。
CIMG1387.JPG
RHODIAケースにぴったり入ります。
CIMG1389.JPG

どうです?簡単でしょ。
最大のポイントは綴じ代を作って引っ掛けて開かないようにしていることです。
これならば、ポケットに入れていても紙がクシャクシャにならずに済みます。

このオオタ折りは、開閉も素早くできます。ビデオで見てみましょう!

そして、オオタ折りにぴったりのテンプレートがあります。
それが「超」整理手帳のリフィルです。
下記のページからリフィルをダウンロードできます。
MouRa|「超」整理手帳、野口悠紀雄|「超」整理手帳2007シリーズ

もちろん、超整理手帳を使っても良いのですが、A7サイズでポケットに入れて持ち運びたい場合は
「オオタ折り」が最適です!

是非、みなさんも試してみてください。

「ミウラ折り」のように、この折り方で私も世界に羽ばたいてみたい~。。。
メーカーの方で「オオタ折り」にご興味持たれましたら一緒に何かしませんか? たぶん、無いと思いますが・・・


ミウラ折りについては、こちらのページで詳しく紹介されています。

公式ミウラ折りサイト

ミウラ折りとは? - 株式会社オルパ

ミウラ折りの落書き紙 HIRAX.NET

ミウラ折りメモ用紙 「身近な自然で遊ぼう」
ミウラ折りの型紙をダウンロードできます。

ONSEN KIDS 工作レシピ
Kidsページ特製メモ用紙がダウンロードできます。



2007年06月12日

GTDで「やるべきこと」をどうやって処理していくか?

gihyo.jpのWeb連載3回目を公開しました。
今回は、「GTDのワークフローを体験(処理~実行編)」と題して、やるべきことをどうやって処理していくかを詳しく書いてみました。

GTD+Rでは、処理フローが本家と変えているので最近はあまり気にしていませんでしたが、やはり本家のフローはよく考えられているなと再認識しました。
それと、レビューの時に見直しを行うポイントを少しばかり書いていますので、ご覧いただければと思います。



2007年06月13日

ティザー広告:オブラブまで「あと7日間」GTD+R篇

オブラブ2007夏イベントのGTD+Rセッションに関するティザー広告を作ってみました!
(ティザーCMやティザーサイトは最近流行り?のようなので・・・)
ティザー広告とは、商品を詳しく紹介せずに好奇心をあおる広告だそうで、じらし広告とも言います。
最近では、DoCoMo2.0のCMやWILLCOMのx-w.jpなどが有名ですよね。

私が、今回作ったのは、約2分間のティザー広告ムービーです。 バックミュージックも入っているので、ご覧頂くときは音量最大でお願いしまっす!

では、ご覧ください!

オブラブまで「あと7日間」GTD+R篇

※バックミュージックは、TAM Music Factory ~フリーMIDI素材~さんのmp3を使わせて頂きました。ありがとうございました。

いや~。作っている時は本当に恥ずかしかった。。。
でも、これを乗り越えなければ、本番も乗り越えられないと思い、公開しちゃいました。orz
もちろん、「ラックススーパーダメージリペア | @Lux」をリスペクトしたのは言うまでもありません。

どうやって作ったか?わかります?
実は、Power Pointで作ったスライドをカメラで撮影して動画にしたんです。
本当は、普通にPowerPointをムービーに変換できたら良かったのですが、やり方がわかりませんでしたー。

詳しくは、6月20日の「オブジェクト倶楽部イベント2007夏」でご紹介します。
もちろん、他にも楽しいセッションが盛りだくさんなので、是非見に来てくださいね!
お申し込みを忘れていた方は、お早めにこちらの参加登録フォームでお手続きをお願いします。

それと、当日「GTD+R」のセッションに来られる方は、RHODIA No11を持ってきてくださいね!
できるだけ新品(使っていない)の状態で持ってきてください。
当日は、多くのシートを使いますので、残り少ない状態だと、「シートが足りない~!」という事になってしまうのでよろしくお願いいたします。
それと、筆記具はできるだけ濃いペンが良いと思います。万年筆や水性マーカーなどがオススメです。

こちらのページで、安くRHODIAを購入できます。
私がいつも買っているナガサワ文具店なのですが、10冊にさらに2冊ついて、合計12冊で税込1701円!
1冊あたりが141円ですから通常のお店で買うと1冊189円なので、48円お得です。

(送料は別なので、他の文具と一緒に購入されると良いかもしれません)

では、当日お会いしましょう!



2007年06月18日

GTDのコツとポイントをまとめました

gihyo.jpのWeb連載4回目を公開しました。
今回は、「GTDを続けるコツとポイント」と題して、どのように続ければGTDで効果を上げることができるのか?を書いてみました。

GTDをやっていて良かったなと思えるのは、こんなところです!というのも紹介しています。
本当にやっててよかったと思っています。



2007年06月22日

GTD+Rふりかえり投票の結果発表「オブラブ2007夏」

6月20日タワーホール船堀にて開催された「オブジェクト倶楽部2007夏」イベントで
「GTD+R体験ワークセッション」をさせていただきました。

flip3d.jpg

発表内容は別途、まとめるようにします。
RHODIAを使ったワークセッションということで、ふりかえりもRHODIAを使うようにしました。
ふりかえり投票という形でKPTを書いたロディアのシートを投票箱に入れるという方式です。
すごいたくさんのフィードバックをいただけました。
ありがとうございます。

下記がそのKPTをまとめたものです。

<Keep>
・折り紙楽しかった
・現状のタスク管理方法に近く理解できた
・RHODIA持ってこなくても大丈夫だった。万全のサポート!
・自分のサインを考えて作れたこと
・コスト意識を吹き飛ばす豪快なRHODIAの使い方
・初めてロディアを使った!体験できた!
・自分がやることが分かった
・ロディアの切り方、使い方が分かった
・生)太田さんをはじめて見た
・RHODIAを知ったこと
・色がわかりやすい
・同じテーブルの方とお話できてよかった
・同じテーブルの人とサイン交換ができた
・かんばんプラググインの使い方がわかった
・ロディアの切る音良いです!
・INBOXのポケットがクールだ
・GTD+Rのベースが理解できた
・オレンジのTシャツ
・2人でペアをつくって作業するのが楽しかった
・モノを扱う
・サイン会による自己紹介
・是非チームでやりたい。良いアイデアをもらえた
・気になっていることを書き出したこと。スッキリしました
・ロディアの切る感覚がいい!
・楽しみながらできた
・気軽に始められた
・ロディアがもらえた
・折り方の応用ができる
・ペア折り
・ひとりでもできる
・忘れること重要
・とにかく始める!ビリー最強
・休息タスクカード

<Problem>
・風に弱そう
・どこまで書こうか迷う
・ポストイットではダメ?
・折り線が良くわからなかった。バグ?
・適度の大きさのメモ帳を用意してこなかった
・オブジェクト指向のPPTは少々さむい(^^;
・奇数テーブルは作らないようにしたい
・他の人のちぎる音聞くとちぎりたくなる
・GTDをすでに実践していれば移行が大変?
・スペースが必要(並べるときに散らばる)
・紙をたくさん消費してしまう
・地球にやさしくない
・発言が少ない
・ツールの名称がわからない
・どうやって具体的に使っているか知りたい
・プライベートと仕事の分離
・かんばんプラグインDoneはどうすればいい?
・ロディアが意外と高い
・リスケの際どうすれば?(突発作業など)
・持ち歩き大変
・ロディアはどんどん切らないと切りづらい
・意外と手間がかかりそう
・GTDについて話が少なかったこと
・ロディアってどういう意味
・ロディアもったいない。消費しすぎ!
・GTD+RのRって何?
・カッコイイサインを作ることができなかった
・ロディアの捨て場所が無い
・実践への結びつけ
・INBOXって何?
・GTDの意味がわからなかった
・他のテーブルの方のサインがもらえなかった

<Try>
・オレ流を作りたい
・ロディアを持ち歩いて、どんどん書いていく。整理する
・1週間くらい実際に続けたい
・仕事のタスク管理に活用する
・ロディアを常に持ち歩きたい
・もう少し時間をとって振り分けできればよい
・手作業が楽しい
・ちぎる練習。上にたまっているとちぎりにくい
・裏を使うための方法を考えたい(紙もったいない)
・時間を長くして振り分けもやってみたかった
・日常で学んだツールを使用する
・20個のタスクを書き出す
・TシャツGet
・時間が短かった
・仕事の振り分けを実際に体験してみたい
・Done→レポートに活かす
・ケースが欲しい
・もらったサインを保存する何か
・TRICHORDにToday、Week、Monthを作ってもらう
・ロディアで画面構成を考える
・ロディアを買う
・マインドマップに活用
・自分のサインを作る!練習する。
・チームでLet's do it right now.
・ペア作業
・仕事の管理を今日の手法でやってみたい
・すべてのBOXをコンプリートする
・GTDを実践したい

アンケートとかよりも、ふりかえりの意見をもらったほうが、すごく生の声が書かれているのでうれしかったです。

自分としても今回の発表について「ふりかえり」しました。

<Keep>
・にこにこサイン会が好評だった
・ロディアをみんなでちぎれた!音が気持ち良かった
・Tシャツ大好評
・すごく楽しそうに折ってくれていたのがうれしかった
・スタッフの人に手伝ってもらってよかった。サポート最高!
・ビリーネタは反応してもらえたかも・・
・ふりかえり投票で多くのフィードバックがもらえた
・スライドの背景色で黒は説明、白は体験が効果あったかも
木下さん(元同僚)の勇姿が見れた!
平鍋さん角谷さんに会えたー!サインももらえたー!\(^o^)/

<Problem>
・GTDとは何かというのを説明したほうが良い
・時間を気にしすぎた
・重要なポイントでの説明が少なかった
・壇上の机の位置が悪かった
・カメラで写真とるのを忘れた
・懇親会で名刺がきれた(T-T)
・もったいないと思う方への対応ができていない
・参加者の方全員と話できなかった

<Try>
・たまには東京に行くこと
・カメラを予め渡して写真とっておいてもらおう
・壇上の机は横ではなく、斜めにしてお客さんを見えるようにする
・もっとスピーチ&段取りの練習をする
・ワークショップでも多くのポイントを話すようにする
・テーブルをまわって、お話聞きながら進める
・懇親会では名刺をたくさん持っていく
・ロディアの費用対効果を調べる
・次回やるときもTシャツ作ろう
・またやろう!また行こう!

オブジェクト倶楽部スタッフの皆様、
参加していただ皆様、
本当にありがとうございました。



2007年06月25日

GTDに最適なツール

gihyo.jpのWeb連載5回目を公開しました。
今回は、「GTDに最適なツール」と題して、GTDで使えそうなデジタル系、アナログ系のツールをご紹介しています。

私のオススメはDelfonicsの「5パーツホルダー」です。



2007年06月26日

「にこにこサイン会」で楽しく自己紹介(アイスブレイク)

先日、オブジェクト倶楽部2007夏イベントのGTD+Rセッションで行った
「にこにこサイン会」についてご紹介したいと思います。

皆さん自分のサインって持っていますか?
「有名人じゃないので、サインなんて書いたことがない!」
といった方が多いのではないでしょうか。

でも、道端で「サインくださーい」って言われたらどうします?
そこで、ササッとサインを書いてあげたらカッコいいですよね。
ちなみに私は書けますのでいつでも声かけてください(^o^)/

img664.jpg

サインといっても、いろいろな書き方があります。
代表的なパターンをご紹介しましょう。

(1)普通に名前を書く(丸字や角字などで)
img670.jpg

(2)縦に線を1本書いて、その上に名前を書く
img671.jpg
※「憲治」と書いています

(3)筆記体で書く
img672.jpg
※「Kenji」と書いています

(4)イニシャルを顔に似せて書く
img673.jpg
※「OOTA」と書いています

(5)ひらがなで文字の位置を崩して書く
img674.jpg
※「けんじ」と書いています

実は、私は小学生時代にサインを練習したことがありました。(漫画家志望だったので)
皆さんもそんな経験ありませんか?

いつか、自分のサイン会を開きたいと考えていたのですが、
じゃー好き勝手にサイン会を開けばいいのでは?と思いました。
サイン会は、サインを書く方は「楽しい!」サインをもらう方は「うれしい!」という効果があります。

そこで考え付いたのが「にこにこサイン会」です。
自分のサインを考えて、出来上がったサインを交換しあう自己紹介型のアイスブレイクです。

先日のイベントではサインの練習と交換にロディアを使いましたが、別に用紙は何でもかまいません。
A4用紙を2枚づつ配って、1枚目は練習用、2枚目は交換用に使えば良いでしょう。
筆記具はできるだけ濃い水性マーカーや万年筆などを使うのがベストです。
だいたい10分程度で行います。サインの交換をする相手は10名ぐらいいれば楽しいと思います。

<進行の方法>

(1) まずサインの練習を3分程度各自で行ってもらいます。
「にこにこサイン会」というぐらいですから、サインに「にこにこマーク」を付けてもらいます。
この時に何個かのサンプルを見せてあげると良いでしょう。
にこにこマークは、丸い部分を見つけて目や鼻を書く方法と、線の部分を見つけてそこにキャラクターを書く方法などいろいろあります。
自分オリジナルのサインを考えてみてください。
img677.jpg

(2) 次にサインの交換をします。
自分の持っている紙を相手に渡して、「サインおねがいしまーす!」と元気良く声かけてみてください。
お願いされたほうは笑顔でサインを書いてあげてください。
サインには日付を書いてあげると良いでしょう。
そして、最後にXXです。とお互い挨拶して握手しましょう。
芸能人顔負けのサイン会が開けますよ!
img679.jpg

もらったサインは、イベント後も大切に持って帰ってください。
きっと記念になるでしょう。

名刺交換では、なかなか名前と顔が一致しない。思い出せない状況に陥ってしまいます。
「にこにこサイン会」でサインの交換をすると、サインを見るだけで相手の顔が思い出せるのが不思議です。

「にこにこサイン会」は、新入社員が配属されたときや、新しいプロジェクトが始まるとき、送別会などにも最適です。
楽しく自己紹介するアイスブレイクとしてご活用ください。


<サインを書くときに参考になるページ>

@nifty:デイリーポータルZ:サインをねだられると、人はどんなサインを書くのか

ZEBRA :: オリジナルサイン

署名ドットコム - 手書き署名、手書きサインの創作サンプル集

オリジナルサイン・サイン作成・製作・署名作成・署名デザイン工房のIDEO(イデェオ)

名前の書き方手本、書の手書き署名作成見本解説、実用書道自筆サイン創作



2007年06月27日

GTD+R体験(オブラブ2007夏)講演資料

遅くなりましたが、先日のオブラブ2007夏で行ったGTD+R体験セッションの講演資料を公開いたします。
一部のスライドや画像はライセンスの関係上カットしていますのでご了承ください。


会場は、披露宴会場のような場所ですごく良い場所でした。
objectclub2007gtdr.jpg

大勢の方に参加いただきました。
objectclub2007gtdr2.jpg

補足)
講演資料をslideshareにアップしたのですが、PowerPointのファイルだとフォントがうまく表現されずなぜか明朝体になってしまいました。
PDFに変換してからアップすると、うまくいきました。


本サイトについて

スポンサード リンク

最新のトラックバック




ブログ検索
ブログランキング・にほんブログ村へ

blog-navi
ブログランキング
ブログ検索☆BITZ
BLOGGER!ブログ検索&ランキング
BS blog Ranking